商品の認定基準

No.110 生分解性潤滑油Version2.6

この類型の認定一覧

商品類型No.110「生分解性潤滑油 Version2」では、生分解性を有している油圧作動油、2サイクルエンジン油、グリースなどの潤滑油を対象としています。

一般的な潤滑油には石油系の油が使用されています。そのため、万が一、自然環境中に漏出した場合、回収や汚染された地域の環境修復が困難です。潤滑油はその使われ方で「開放系」と「閉鎖系」に分けられますが、開放系での使用や事故などで環境中に漏出したものはかなりの量となると推察され、生態系への影響が心配されます。そのため、生分解性が高く、有害物質の使用や排出の少ない潤滑油が広く普及することが重要です。

この認定基準では、潤滑油の生分解度が28日で60%以上であるとともに、有害物質の使用制限や、生態系への影響について魚類による急性毒性などを評価しています。また、廃棄方法や環境中への排出や漏洩ができるだけ少なくなるように、使用者への注意喚起も求めています。

(有効期限日 2020年1月31日)

エコマーク商品画像

適用範囲

生分解性潤滑油

A. 油圧作動油
B. 2サイクルエンジン油
C. グリース
D. その他潤滑油

関連資料

認定基準の制定・改定の履歴

商品の認定基準一覧に戻る

ページトップ