商品の認定基準

No.127 消火器Version2.2

この類型の認定一覧

商品類型No.127「消火器 Version2」では、再生消火薬剤を利用し、使用後に回収リサイクルされる粉末(ABC)消火器を対象としています。

消火器は、消防法により商業施設、学校や図書館、公共施設などに規模に応じて設置が義務付けられているほか、自主的に設置している家庭も多くあります。消火器は定期的な点検が必要な一方、耐用年数を過ぎた消火器は一般の廃棄物として処分できず、一般家庭では処分の仕方がわからないために耐用年数を過ぎた消火器を保有していたり、破裂事故が起こったりしているケースがあります。そのため、循環型社会の実現と消火器の事故防止を図る観点からも、不要消火器の回収とリサイクル体制の整備が求められています。

この認定基準では、再生した消火薬剤を40%以上使用していることとともに、消火薬剤への有害物質の不使用、使用後の製品を回収するシステムが確立していることおよび適正な方法で解体され、金属部分および消火薬剤が適正にリサイクルされることなどを評価しています。

(有効期限日 2022年3月31日)

エコマーク商品画像

適用範囲

消火器

粉末(ABC)消火器

関連資料

認定基準の制定・改定の履歴

商品の認定基準一覧に戻る

ページトップ