商品の認定基準

No.138 建築製品(材料系の資材)Version1.9

この類型の認定一覧

商品類型No.138「建築製品(材料系の資材) Version1」では、硬質ポリ塩化ビニル管、セメントモルタル、耐火鋼材などの材料系資材を対象としています。

建設業界では、建設副産物の有効利用、地球温暖化対策、生態系保全の推進、有害物質の使用・排出削減など、地球環境問題を解決するための様々な対策を進めています。その一環として、施主や工事関係事業者までを含めた建設業界全体で、環境負荷の小さい原材料・部品や資材を優先的に選ぶグリーン調達を推進しやすいよう、環境に配慮した建築製品の一層の認知・普及を図る必要があります。

この認定基準では、再生材料の使用、有害物質の溶出量、製品製造時のエネルギー消費量、省資源といったそれぞれの製品ごとに異なる主要な環境性能を評価したうえで、製品ライフサイクル全体を考慮した総合的な評価を行っています。

(有効期限日 2022年12月31日)

エコマーク商品画像

適用範囲

A. 石工事用資材

A-1. 建築用石材

日本工業規格「テラゾ」(壁材、床材などの建築資材を対象とする)、セメントに種石を混入硬化させたものの表面を加工し、天然石に似せたもの。ただし、種石として、新規に採取した天然石を使用したものは対象外とする。
使用済天然石や天然石の端材を再利用した建築材料(壁材など)

B. 排水工事用資材

B-1. 排水・通気用硬質ポリ塩化ビニル管

リサイクル硬質ポリ塩化ビニル三層管 JIS K 9797
リサイクル硬質ポリ塩化ビニル発泡三層管 JIS K 9798
排水用リサイクル硬質塩化ビニル管 AS58
下水道用リサイクル三層硬質塩化ビニル管 AS62
硬質塩化ビニル製ます・マンホール用リサイクル三層立上り部PMMS301

B-2. 宅地ます

宅地ます(対象部位は、宅地ますを構成する部材のうち、ふた、立ち上がり部、底部の全部またはいずれかとする。)

C. 左官工事用資材

C-1. 左官材

日本建築学会建築工事標準仕様書JASS15(左官工事)の既調合材料に相当する左官材料(既調合軽量セメントモルタル、その他の既調合セメントモルタル、カラーセメント、かき落としリシン材、既調合プラスター類、セルフレベリング材など。ただし、JIS A 6909「建築用仕上げ塗材」、JIS A 6916「建築用下地調節塗材」など、エコマーク商品類型No.126「塗料Version2」の対象とされるものを除く。)
日本建築学会建築工事標準仕様書JASS15(左官工事)に規定する左官用軽量発泡骨材
日本建築学会建築工事標準仕様書JASS23(吹付け工事)に規定するロックウール吹付け材(ただしJIS A 6301「吸音材料」の対象とされるものを除く。)

D. 鋼材・非鉄金属資材

D-1.耐火鋼材

日本建築学会建築工事標準仕様書JASS6(鉄骨工事)の解説として纏められた日本建築学会鉄骨工事技術指針・工場製作編に規定される耐火鋼材

D-2.デッキプレート

合成スラブ用デッキプレート

関連資料

認定基準の制定・改定の履歴

  • 2012年6月15日 Version1.9
  • 2012年4月1日 Version1.8
  • 2012年1月15日 Version1.7 (分類D-1、D-2の追加)
  • 2011年3月1日 Version1.6
  • 2009年11月4日 Version1.5
  • 2008年11月25日 Version1.4 (分類C-1の追加)
  • 2008年8月21日 Version1.3 資料1資料2
  • 2008年2月25日 Version1.2 (分類B-2の追加)
  • 2007年11月1日 Version1.1
  • 2007年5月5日制定

商品の認定基準一覧に戻る

ページトップ