商品の認定基準

No.145-1 プロジェクタVersion1.3

この類型の認定一覧

商品類型No.145「プロジェクタ Version1」では、省エネ性能や3R(リデュース、リユース、リサイクル)設計に配慮されたプロジェクタを対象としています。

プロジェクタは、会議などのビジネスの場面、学校などの教育の場面などで使用される用途が増え、国内の年間出荷台数は18万台程度となっています。温暖化防止の観点において重要な要素となる使用時・待機時の消費電力の削減とともに、光源ランプとして従来から使用されている高圧水銀ランプには水銀が使用されているため、それに代わる水銀を使用しないランプ(LEDランプ等)の推進や、水銀ランプの回収・処理を促すことは大きな意義があります。

この認定基準では、使用時・待機の消費電力の削減や水銀ランプの回収・廃棄の注意喚起以外にも、長寿命、軽量化、有害物質の削減などを評価するとともに、長寿命につながる適正な使い方に関する消費者への情報提供なども基準として設定しています。

(有効期限日 2020年6月30日)

エコマーク商品画像

適用範囲

プロジェクタ

画像変換ユニットが「透過型デバイス方式」および「反射型デバイス方式」等の拡大投影機で、コンピュータ、DVD などの画像を拡大投写できるフロント投写方式のもの

関連資料

認定基準の制定・改定の履歴

商品の認定基準一覧に戻る

ページトップ