商品の認定基準

WTO/TBT協定に基づく適正実施について

公益財団法人日本環境協会は、WTO/TBT協定付属書3の適正実施規準受け入れ団体として、基準の立案、制定において、適正な手続きを行っています。

意見受付公告

WTO/TBT協定(貿易の技術的障害に関する協定)付属書3に基づき、意見受付公告を行います。
2017年11月1日より、下記商品類型について60日間意見を受け付けます。以下の商品類型(認定基準案)についてご意見がありましたら、メールにてご提出ください。宛先はページ下部の提出先・問い合わせ先をご覧ください。

機密文書処理サービス

  • 英文名称:confidential document processing service
  • 適用範囲:行政機関を含む事業者などが排出する機密文書を、製紙原料としてリサイクルする目的で回収し、処理するサービス
    Applicable scope:services that collect and process classified documents disposed of by an operator including a governmental agency, for the purpose of recycling as paper stock.
  • 基準項目 Critaria:
    1.認定基準制定の目的 Purpose of establishing criteria
    2.適用範囲 Applicable scope
    3.用語の定義 Terminology
    4.認定の基準と証明方法 Certification criteria and certification procedure
    4-1. 環境に関する基準と証明方法 Environmental Criteria and Certification Procedure
    4-1-1. 省資源と資源循環 Resource Saving and Resource Recycling
    4-1-2. 地球温暖化の防止 Prevention of Global Warming
    4-1-3. 有害物質の制限とコントロール Restriction and control of hazardous substances
    4-1-4. 排出者への情報提供・コミュニケーション Information provision and communication with those who dispose documents
    4-1-5. 環境マネジメントシステム Environment management system
    4-2. 品質に関する基準と証明方法 Quality Criteria and Certification Procedure
    5.配慮事項 Considerations
    6.商品区分、表示など Application unit, Indication and Others
  • 対応する国際規格:なし
    Corresponding international standard: -

作業計画の公表

WTO/TBT協定(貿易の技術的障害に関する協定)付属書3に基づき、エコマーク認定基準策定に係る作業計画を公表します。
エコマーク作業計画/Eco Mark Work Program (2017年8月)

制定された規格の公表

制定された認定基準は、商品の認定基準ページにて公表しています。

 

提出先および問い合わせ先
公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局 基準・認証課
E-mail:info@ecomark.jp

ページトップ