商品の認定基準

No.154 太陽熱利用システムVersion1.0

この類型の認定一覧

商品類型No.154「太陽熱利用システムVersion1」では、太陽熱を利用して給湯、暖房等を行うシステムを対象としています。

太陽熱は、世界的に風力発電に次いで利用が盛んなエネルギー源です。太陽熱利用システムは、太陽光の40~60%を熱として利用できるため、自然エネルギー利用機器のなかでもエネルギー変換効率や費用対効果が非常に高く、給湯や暖房等に使用する化石燃料を効率的に削減し、「地球環境の保全」に対して極めて優れた効果が期待できる設備です。世界的に普及している太陽熱利用ですが、日本では古くから給湯に利用されてきた太陽熱温水器は1980年をピークに販売台数が減少していました。しかし、近年では全自動給湯器への対応や暖房利用、マンション対応型など利便性の高い新しいシステムも開発されてきました。

この認定基準では、太陽熱利用の基本性能に加え、太陽熱を有効利用できる機能、施工品質や維持管理体制などの長期使用、有害物質の低減など、地球温暖化防止を中心に総合的な環境性能を評価しています。

(有効期限日 2020年9月30日)

エコマーク商品画像

適用範囲

太陽熱利用システム

太陽熱利用システム

関連資料

認定基準の制定・改定の履歴

  • 2013年10月1日制定

商品の認定基準一覧に戻る

ページトップ