エコマークとは?

エコマークと海外タイプI環境ラベル機関との相互認証について

公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局では、海外のタイプI環境ラベルを運営する機関と相互認証協定(MRA)*を締結し、相互認証を推進しています。

*相互認証協定(Mutual Recognition Agreement: MRA)とは、相手国の環境ラベルの審査(もしくはその一部分)を自国の環境ラベル機関で実施することを可能とする二国間以上の協定をいいます。

認証方法

各ラベル制度は商品のカテゴリ毎に認定基準を設けており、同じカテゴリで設定された認定基準については、ラベル制度毎に基準項目が共通している部分もありますが、一致していない部分もあります。そこで、相互認証は、各ラベル制度における基準を可能な限り共通化し、その共通基準項目についての審査結果を他のラベルの審査においてそのまま援用できます。なお、非共通基準項目については、契約を行うラベル機関が審査します。ただし、最終的な認証・ライセンス契約は、契約を行うラベル機関が行います。

相互認証の実施により、以下のメリットが期待されます。

1. 社会的コストの削減

  • 認定基準の共通化を進めることによる、事業者の開発・製造コストの削減
  • 環境ラベル申込事業者の試験等のコスト削減、申込/審査期間の短縮

2. 地球規模での環境負荷低減

  • 多国間で環境ラベルの取得が進むことにより、環境ラベル認定商品が広く流通し、「地球規模での環境負荷低減」に繋がる

3. 輸出入の貿易障壁の緩和

  • 海外市場参入の容易化

相互認証協定(MRA)を締結した海外のラベル機関

ロゴマーク ノルディックスワン 韓国環境ラベル 中国環境ラベル 二ュージーランド環境チョイス
国・地域 北欧5カ国 大韓民国 中華人民共和国 ニュージーランド
ラベル名 ノルディックスワン 韓国環境ラベル 中国環境ラベル ニュージーランド
環境チョイス
ラベル機関
(運営機関)
北欧エコラベル委員会 韓国環境産業技術院(KEITI) 中国環境保護部環境認証センター(ECC)、中環連合(北京)環境認証センター有限公司(CEC) ニュージーランド エコラベリング トラスト(NZET)
対象商品分野 複写機、プリンタ パーソナルコンピュータ、複写機、プリンタ、DVD機器、テレビ、プロジェクタ、塗料、文具 パーソナルコンピュータ、複写機、プリンタ、DVD機器、テレビ、プロジェクタ、塗料、文具 複写機、プリンタ
開始時期 2002年 2010年 2012年 2004年
活用実績 2010年度以降
62機種
352機種 309機種
詳細ページ
ロゴマーク グリーンラベル グリーンマーク エコロゴ ブルーエンジェル
国・地域 タイ 台湾 北米(カナダ) ドイツ
ラベル名 グリーンラベル グリーンマーク エコロゴ ブルーエンジェル
ラベル機関
(運営機関)
タイ環境研究所(TEI) 環境発展財団(EDF) UL Environment, Inc. ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子力安全省(BMUB)、ドイツ連邦環境庁(UBA)、ドイツ品質保証・表示協会(RAL gGmbH)
対象商品分野 複写機、プリンタ 複写機、プリンタ
開始時期 2014     2015
活用実績 19機種 1機種
詳細ページ リリース

※台湾「グリーンマーク」については、相互認証の基本契約を締結しており、今後実施に向けた協議を行う予定です。

ロゴマーク 香港 グリーンラベル シンガポール グリーンラベル
国・地域 香港 シンガポール
ラベル名 グリーンラベル グリーンラベル
ラベル機関
(運営機関)
グリーン協議会(GC) シンガポール環境協議会(SEC)
対象商品分野
開始時期    
活用実績
詳細ページ リリース リリース

 

ページトップ