商品の認定基準

WTO/TBT協定に基づく適正実施について

公益財団法人日本環境協会は、WTO/TBT協定付属書3の適正実施規準受け入れ団体として、基準の立案、制定において、適正な手続きを行っています。

意見受付公告

WTO/TBT協定(貿易の技術的障害に関する協定)付属書3に基づき、意見受付公告を行います。
以下の商品類型について、公告開始日より60日間意見を受け付けます。ご意見がありましたら、メールにてご提出ください。宛先はページ下部の提出先・問い合わせ先をご覧ください。

テイクアウト・デリバリー店舗

  • 英文名称:Food takeout and delivery stores
  • 公告開始:2021年12月1日
  • 適用範囲:主たる業として「日本標準産業分類」に基づく「(大分類M-宿泊業、飲食サービス業)中分類77-持ち帰り・配達飲食サービス業」を営む店舗および事業所
    Applicable scope: Stores and establishments primarily engaged in "Major group 77 - Food Take Out and Delivery Services (Division M – ACCOMMODATIONS, EATING AND DRINKING SERVICES)" of "Japan Standard Industrial Classification"
  • 基準項目 Critaria:
    1.認定基準制定の目的 Purpose of establishing criteria
    2.適用範囲 Applicable scope
    3.用語の定義 Terminology
    4.認定の基準と証明方法 Certification criteria and certification procedure
     4-1. 食材に関する基準 Eco-friendly foodstuffs
     4-2. 食品ロス削減に関する基準 Food loss reduction and recycling
     4-3. 省エネと節水に関する基準 Energy- and water-saving
     4-4. 容器包装に関する基準 Eco-friendly containers and packaging
     4-5. 配達に関する基準 Eco-friendly delivery
     4-6. 運営体制に関する基準 Environmental awareness in store management
    5.配慮事項 Considerations
    6.商品申込区分、表示など Application unit, Indication and Others
  • 対応する国際規格:なし
    Corresponding international standard: -

作業計画の公表

WTO/TBT協定(貿易の技術的障害に関する協定)付属書3に基づき、エコマーク認定基準策定に係る作業計画を公表します。
エコマーク作業計画/Eco Mark Work Program (2021年6月)

制定された規格の公表

制定された認定基準は、商品の認定基準ページにて公表しています。

問い合わせ先
公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局 基準・認証課
E-mail:info@ecomark.jp

ページトップ